ディフェンスのコツとしては、とにかく抜かれないようにすることだと思います。 無理に止めようとすると、抜かれてしまったり、フリーの選手を作ってしまいかねないでしょう。 できるだけオフェンスをコーナーに追い込むようにして、リングに近づけさせないようにされて下さい。 そうすれば、いずれオフェンスは追い詰められて、ムリな体勢からパスしたり、シュートせざるを得なくなるはずです。 強引にボールを奪おうとしたり、相手のミスを誘うよりも、簡単に入ってしまうようなシュートを打たせないことに重点を置いてディフェンスしましょう。 また、相手がドリブルをしている際には、相手を見ながら腰を落としてサイドステップなどで移動する必要がありますから、下半身をちゃんときたえておく必要がありますね。 それに、確実にシュートを防ぐためにも、シュートチェックの練習をしておいてください。 ジャンプのタイミングや跳び方などは、くり返し練習しないと、身につけられません。 タイミングがずれるとシュートを入れられてしまいますよねし、跳び方がまずいとファールになってしまうこともありますから、試合形式の練習などで実践的な練習をしましょうー